セレブ妻がいる風俗へ潜入

自分でも容易だからこそ好きなんです

風俗で遊ぶハードルは高くはない…というよりも、そもそもハードルそのものがないんじゃないかなって思います(笑)女の子の待ち時間の問題はありますけど、ステータスとか外見で風俗で遊ぶのを断れるようなことはありませんしね。それに、モテないとかも関係ありません。自分が遊びたいなって思った時にいつでも遊べるのが風俗の強みだと思うんですよ。だから自分もいつも風俗のお世話になる時には、あまり深く考えずにお世話になっています。それでも十分に楽しめるし、困るようなこともありません。常に自分の理想の時間を楽しめるとあって、これ以上男にとって都合の良いサービスは無いんじゃないかなって思いますけどね(笑)それが風俗で遊ぶモチベーションにもなっているんです。もしもですけど、もっとハードルの高いものだったとしたら、自分が遊びたい時に遊ぶことが出来ないってことじゃないですか。それはやっぱりあまり好ましいものではないと思うんですよね。

じっくりとした時間をと

毎日何かに追われているかのような生活を送っていると、自分自身、どうすれば良いのかということはよく考えますよね。自分の時間をって意味ですね(笑)あまりにもプライベートの時間がないのと、疲れもあるのでせっかくプライベートの時間が出来ても何かをするのがとてつもなく億劫に感じてしまうケースもあるんです。これってかなり勿体ないと思うんですけど、でも体力的な問題もあるので結局一日ゆっくりしている…そんなケースも珍しくないんですが、最近はそこで風俗のお世話になるようになりました。というのも、風俗のお世話になるといろいろなメリットがあるということに気付いたんですよ。まず、風俗は基本的にとっても楽しいですし、男のロマンでもあるじゃないですか。だからとりあえず選んでおけば間違いないだろうっていう確信のようなものがあるんですよ(笑)それに、そこまで大量の体力を消費する訳ではないので、いくら疲れている時であっても楽しめるんです。