セレブ妻がいる風俗へ潜入

薄い方が断然可愛いですね

いつも指名している風俗嬢がいつもと少し違うなって思ったんですよね。それはいつもよりも化粧が薄かったって話なんですよね(笑)本当にそれだけの話でしかないんですけど、いつもよりも全然違うその雰囲気のおかげでいつもとは違う風俗嬢と楽しんでいるかのような時間を満喫することが出来ました。しかも性格は同じなんです。だからいつものような安心感があるじゃないですか。その上で違う外見の女の子と楽しんでいるかのような気持ちを味わうことが出来ましたので、それだけでもとても価値のある時間を満喫することが出来たんじゃないのかなって思っていますし、楽しいというよりも新鮮な時間を満喫することが出来たんじゃないのかなって思っています。だから決してあの時間は無駄なものでも何でもないというか、むしろたまにはこうした違いというか、いつもとは違った空気を味わうことが出来ただけでもとっても楽しい時間になったんじゃないのかなって思っています。

年齢による、風俗への距離感の変化

若い時にはあまり風俗で遊んだ記憶はないんです。たまに同僚と勢いで足を運ぶくらいのもので、そんなに風俗で遊んだことはありませんでしたけど、年齢と共に、結構な頻度で風俗で遊ぶようになりましたね。どういった理屈なのかは自分でもよく分からないんですけど、思うに風俗というよりも、女の子との距離感がそうさせているのかなと。なぜなら、若い時には自分の周囲にも女の子がいたんです。セフレのような存在もいましたし、ちょっとしたことでベッドで…なんてこともありました。でも年齢と共に周囲だって結婚しますし、自分の周囲から若い女の子という存在がいなくなって来たので、若い女の子と楽しめる場所そのものが少なくなってきているという現実があるんですよね。じゃあどこで楽しむのかと言えば、風俗しかない。それなら風俗に行って、若い女の子と楽しみたいなと。まさに男の本能そのものかもしれませんが、最近では自分でもそんな気持ちになることが多いんです。